• 本

非正規公務員

出版社名 日本評論社
出版年月 2012年9月
ISBNコード 978-4-535-55712-3
4-535-55712-8
税込価格 2,090円
頁数・縦 299P 19cm

商品内容

要旨

官製ワーキングプアの温床。臨時・非常勤職員制度をはじめて本格的に解説し処遇改善と雇用安定の道筋を明示。

目次

第1部 「常勤」と「非常勤」の差異を問う―非正規公務員の現状(「常勤」と「非常勤」の差異を問う―増加する非正規公務員
「図書館」で働く人たちの非正規化の実態と問題点
消費生活相談員―その実情
保育サービスを支える「常勤的非常勤保育士」
非正規化が進む自治体の現実の可視化―福岡県内各自治体の事例から)
第2部 非正規公務員に係る法適用関係と裁判例の系譜(非正規公務員に係る法適用関係
非正規公務員の雇止めをめぐる裁判例の系譜
非正規公務員の処遇等をめぐる裁判例の系譜と傾向
「非常勤」「常勤」の区分要素と給与条例主義
義務付け訴訟の可能性)
第3部 基幹化する非正規公務員と処遇改善の実践(基幹化する図書館の非正規職員
非正規公務員に手当を支給する条例の定め
非正規公務員への実質的な「昇給」制度の導入
課題解決のための三つの規制)

著者紹介

上林 陽治 (カンバヤシ ヨウジ)  
1960年東京都に生まれる。1985年國學院大學大学院経済学研究科博士課程前期(修士)修了。1991年全日本自治団体労働組合中央本部職員。現在、公益財団法人地方自治総合研究所研究員(2007年〜)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)