• 本

私戦

河出文庫 ほ9−1

出版社名 河出書房新社
出版年月 2012年9月
ISBNコード 978-4-309-41173-6
4-309-41173-8
税込価格 1,210円
頁数・縦 394P 15cm

商品内容

要旨

一九六八年、暴力団員を射殺し、静岡県・寸又峡温泉の旅館で一三名を人質にして篭城した劇場型犯罪・金嬉老事件。ある刑事が発した民族差別発言への謝罪を求めたが、マスコミはこの事実を無視し、犯人を「ライフル魔」と煽ることに終始した。全ての人間が人間らしく生きることを希求し続けたジャーナリストが、差別と抑圧の中から、哀しき犯罪者の声を拾い上げる。犯罪ノンフィクションの昭和遺産。

目次

引金
挑戦
結婚
母親
憤激
監禁
辛酸
前歴
人質
報道
要求
説得
逮捕

おすすめコメント

一九六八年、暴力団員を射殺し、寸又峡温泉の旅館に人質をとり篭城した劇場型犯罪・金嬉老事件。差別に晒され続けた犯人と直に向き合い、事件の背景にある悲哀に寄り添った、戦後ノンフィクションの傑作。

著者紹介

本田 靖春 (ホンダ ヤスハル)  
1933年、旧朝鮮・京城生。55年、読売新聞社に入社。71年に退社し、フリーのノンフィクション作家に。2004年、死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)