• 本

現代語で読む野菊の墓

現代語で読む名作シリーズ 3

出版社名 理論社
出版年月 2012年9月
ISBNコード 978-4-652-07998-0
4-652-07998-2
税込価格 1,320円
頁数・縦 137P 19cm

商品内容

要旨

政夫が中学生の時、病気がちな母親を手伝うため、二つ年上の従姉・民子が、家に同居していた。政夫と民子は、幼い頃から大の仲良しだった。しかし、世間体を気にする大人たちに二人の仲を注意され、かえって互いを異性として意識しはじめる。ある秋の日、野菊の咲く道で二人は互いの想いを伝え合う。

著者紹介

城島 明彦 (ジョウジマ アキヒコ)  
1946年三重県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。会社員を経て、「けさらんぱさらん」で第62回オール讀物新人賞を受賞し、作家となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)