• 本

形而上学の可能性を求めて 山本信の哲学

出版社名 工作舎
出版年月 2012年9月
ISBNコード 978-4-87502-447-7
4-87502-447-9
税込価格 4,400円
頁数・縦 461P 22cm

商品内容

要旨

戦後の日本哲学界において、個性豊かな後進を育てるとともに、大学や学会の運営に多大な功績を残した山本信(一九二四‐二〇〇五)。『ウィトゲンシュタイン全集』や『ライプニッツ著作集』の監修・編者としても、哲学界のみならず、現代日本の知的風土に鮮烈なインパクトをもたらした。「ダンディ」と評されるたたずまいは、辛気くさい哲学者像から遠く、ゼミでは学生たちととことん議論を交わすことを好んだ。自著をまとめることより、他者とのかかわりを優先した。山本信が残した数多くの論考の中から、「山本哲学」の核心につながるものを精選。併せて山本の薫陶を受け、現在多彩なジャンルで活躍する人々による論考とエッセイを収録。今なお哲学し続ける山本信の思想のダイナミズムと生きざまを明らかにする。

目次

1 山本信講演・論文選(自己への問い(1989年)
哲学の完結性について(1985年)
「物」と「私」―相補的二元性について(1980年、付:手沢本への書き込み) ほか)
2 ライプニッツ・形而上学の可能性・山本信(ヘーゲルの屋台骨にヴィトゲンシュタインの扉をつける(加藤尚武)
近世スコラ哲学における形而上学(山内志朗)
形而上学と超越(村上勝三) ほか)
3 哲学者として、教育者として(スピノザについての対話(1966年)
「倫理」の授業についての非倫理的随想(1987年)
「大学」と「学生」―この「二兎を追う」者たち(1995年) ほか)
4 山本信年譜・著作一覧ほか

出版社
商品紹介

デカルトやライプニッツなどを探究し、戦後の日本哲学界を支えた著者の貴重な論文集。山本の薫陶を受けた学統たちの論考も付す。

著者紹介

佐藤 徹郎 (サトウ テツロウ)  
1943年生まれ。東京大学大学院博士課程単位修得退学。新潟大学講師、助教授、教授を経て、新潟大学名誉教授。専攻は科学哲学
雨宮 民雄 (アメミヤ タミオ)  
1946年生まれ。東京大学大学院博士課程単位修得退学。東京大学助手、奈良教育大学助教授、教授、東京海洋大学教授を経て、東京海洋大学名誉教授。専攻は存在論、時間論
佐々木 能章 (ササキ ヨシアキ)  
1951年生まれ。東京大学大学院博士課程単位修得退学。三重大学助教授、横浜市立大学教授を経て、東京女子大学現代教養学部人文学科(哲学専攻)教授。専攻は哲学
黒崎 政男 (クロサキ マサオ)  
1954年生まれ。東京大学大学院博士課程単位修得退学。東京女子大学現代教養学部人文学科(哲学専攻)教授。専攻はカント哲学、人工知能、電子メディア論
森 一郎 (モリ イチロウ)  
1962年生まれ。東京大学大学院博士課程中途退学。東京大学助手、東京女子大学専任講師、助教授を経て、東京女子大学現代教養学部人文学科(哲学専攻)教授。専攻は、現代における哲学の可能性(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)