• 本

古色大和路 入江泰吉の心象風景

出版社名 入江泰吉記念奈良市写真美術館
出版年月 2012年10月
ISBNコード 978-4-8381-0475-8
4-8381-0475-8
税込価格 4,180円
頁数・縦 383P 22cm

商品内容

要旨

没後20年特別企画。代表作315点を収録。奈良大路路を見つめ続けた入江泰吉。約半世紀にわたって追い求めた大和の美と日本の心。大和路の本質を心の眼でとらえた大和讚仰の写真集。

目次

第1章 東大寺
第2章 平城京(外京)
第3章 佐紀・佐保路
第4章 当尾の里、柳生・田原の里
第5章 西の京
第6章 斑鳩の里、當麻・葛城古道
第7章 山の辺の道
第8章 飛鳥路
第9章 泊瀬・宇陀・吉野

著者紹介

入江 泰吉 (イリエ タイキチ)  
1905(明治38)年、奈良県奈良市に生まれる。1931(昭和6)年、大阪に写真店「光藝社」を開く。1940(昭和15)年、世界移動写真展で「春の文楽」が一等賞を受賞、文楽の写真家として活躍。1945(昭和20)年3月、大阪大空襲で自宅と店舗を焼失、奈良へ引き揚げる。同年11月17日、疎開先から戻る東大寺法華堂四天王像を目撃、アメリカに接収されるとの噂を聞き、写真に記録することを決意。以来、奈良大和路の仏像、風景、伝統行事の撮影に専念。暁年には「万葉の花」を手がけるなど約半世紀にわたって奈良大和路を撮り続けた。1992(平成4)年1月16日、86歳で死去。第24回菊池寛賞授賞、勲四等瑞宝章受章、第19回仏教伝道文化賞受賞他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)