• 本

夫の悪夢

文春文庫 ふ34−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2012年10月
ISBNコード 978-4-16-783822-5
4-16-783822-2
税込価格 586円
頁数・縦 245P 16cm

商品内容

要旨

武士道を唱え、天下国家を語る毅然とした数学者―そんな夫にとって妻の書いたエッセイは、まさに悪夢でしかないのではないか!?藤原正彦夫人が綴る、ユニークすぎる夫の実像、義父母となった新田次郎・藤原てい夫妻の思い出、息子たちの子育て奮闘記など、抱腹絶倒、思わずほろりとする家族のクロニクル。

目次

夫の悪夢
おめでたい血
息子たちとの散歩
サブの秘密
留守番今むかし
清く正しく
ランドセル
つまらない本
あの日の紅茶の味
卒業の日に〔ほか〕

おすすめコメント

藤原正彦教授夫人が綴る家族のクロニクル数学者の夫に翻弄されつつ、イケメン揃い三人の息子たちに囲まれた日常を描く、心あたたまる家族のエッセイ集。

著者紹介

藤原 美子 (フジワラ ヨシコ)  
米国プリンストン生まれ。お茶の水女子大学修士課程修了。発達心理学専攻。エッセイスト、翻訳家、ハリウッド大学院大学教授、筑波大学附属視覚特別支援学校講師(心理学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)