• 本

後悔と真実の色

幻冬舎文庫 ぬ−1−4

出版社名 幻冬舎
出版年月 2012年10月
ISBNコード 978-4-344-41933-9
4-344-41933-2
税込価格 964円
頁数・縦 689P 16cm

商品内容

要旨

“悪”を秘めた女は駆除する―。若い女性を殺し、人差し指を切り取る「指蒐集家」が社会を震撼させていた。捜査一課のエース西條輝司は、捜査に没頭するあまり一線を越え、窮地に立たされる。これは罠なのか?男たちの嫉妬と裏切りが、殺人鬼を駆り立てる。挑発する犯人と刑事の執念。熾烈な攻防は驚愕の結末へ。第23回山本周五郎賞受賞作。

著者紹介

貫井 徳郎 (ヌクイ トクロウ)  
1968年東京都生まれ。早稲田大学商学部卒業。93年、第4回鮎川哲也賞最終候補作となった『慟哭』が、予選委員であった北村薫氏の激賞を受けデビュー。2010年『乱反射』にて第63回推理作家協会賞受賞、『後悔と真実の色』にて第23回山本周五郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)