• 本

ピカソは本当に偉いのか?

新潮新書 491

出版社名 新潮社
出版年月 2012年10月
ISBNコード 978-4-10-610491-6
4-10-610491-1
税込価格 792円
頁数・縦 191P 18cm

商品内容

要旨

「なぜ『あんな絵』に高い値段がつくのか?」「これって本当に『美しい』のか?」。ピカソの絵を目にして、そんな疑問がノド元まで出かかった人も少なくないだろう。その疑問を呑み込んでしまう必要はない。ピカソをめぐる素朴な疑問に答えれば、素人を煙に巻く「現代美術」の摩訶不思議なからくりもすっきりと読み解けるのだから―。ピカソの人と作品に「常識」の側から切り込んだ、まったく新しい芸術論。

目次

第1章 絵画バブルの父
第2章 破壊のための芸術
第3章 人心操作のカリスマ
第4章 代表作『アヴィニョンの娘たち』の謎を読み解く
第5章 現代芸術はなぜ暴力と非常識を賛美するのか
第6章 ピカソは本当に偉いのか?

おすすめコメント

「なぜ『あんな絵』に高い値段がつくのか?」「これって本当に『美しい』のか?」。 ピカソの絵を目にして、そんな疑問がノド元まで出かかった人も少なくないだろう。その疑問を呑み込んでしまう必要はない。ピカソをめぐる素朴な疑問に答えれば、素人を煙に巻く「現代美術」の摩訶不思議なからくりもすっきりと読み解けるのだから──。ピカソの人と作品を「常識」の側から読み込んだ、まったく新しい芸術論。

出版社・メーカーコメント

「なぜ『あんな絵』に高い値段がつくのか?」「これって本当に『美しい』のか?」。ピカソの絵を目にして、そんな疑問がノド元まで出かかった人も少なくないだろう。その疑問を呑み込んでしまう必要はない。ピカソをめぐる素朴な疑問に答えれば、素人を煙に巻く「現代美術」の摩訶不思議なからくりもすっきりと読み解けるのだから――。ピカソの人と作品に「常識」の側から切り込んだ、まったく新しい芸術論。

著者紹介

西岡 文彦 (ニシオカ フミヒコ)  
1952(昭和27)年生まれ。版画家。多摩美術大学教授。日本版画協会、国展で新人賞を受賞の後、出版の分野でも活躍。著書『絵画の読み方』で、「名画の謎解き」ブームの端緒をひらく。美術関連番組の企画・出演多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)