• 本

禁断の魔術

ガリレオ 8

出版社名 文藝春秋
出版年月 2012年10月
ISBNコード 978-4-16-381690-6
4-16-381690-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 327P 19cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 早いもので第8弾!

    もう終わりと思っていましたがわりと早く8作目が刊行されました。なんとそれも書き下ろしですよ!12年も「東野圭吾」先生は著者別で最も売れた作家になりましたが、活字離れがすすむ中での功績は大変すばらしいものです。とにかく一人でも読んでもらえれば本の素晴らしさがもっと伝わると思うのですが出会いのきっかけがなかなかないのか我々書店員としても歯がゆいところです。4作からなる湯川ワールド全開の1冊です。

    (2012年12月17日)

  • 禁断の魔術

    ガリレオ7に続く、ガリレオ短編集の最新作が早くも登場。しかも掲載の4編が完全書き下ろしのうえに、シリーズ最高峰との前評判なのだから、読まずにはいられない。あまりもの完結ぶりに、これで完結との噂もあるが、ファンは黙ってはいないだろう。科学者湯川の人物像がより深く描かれている。単なる謎解き、犯人探しでないミステリーの醍醐味を東野作品は教えてくれる。とにかく読んで損なしの一級のエンタテインメント。

    (2012年11月5日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

湯川が殺人を?「自業自得だ。教え子に正しく科学を教えてやれなかったことに対する罰だ」。ガリレオシリーズ初の完全書き下ろし。

出版社
商品紹介

姉を見殺しにされ、天涯孤独となった青年が企てた計画。愛弟子に対し、湯川が取った驚愕の行動とは──。ガリレオ短篇の最高傑作。

おすすめコメント

『虚像の道化師 ガリレオ7』を書き終えた時点で、今後ガリレオの短編を書くことはもうない、ラストを飾るにふさわしい出来映えだ、と思っていた著者が、「小説の神様というやつは、私が想像していた以上に気まぐれのようです。そのことをたっぷりと思い知らされた結果が、『禁断の魔術』ということになります」と語る最新刊。「透視す」「曲球る」「念波る」「猛射つ」の4編収録。ガリレオ短編の最高峰登場。

出版社・メーカーコメント

姉を見殺しにされ、天涯孤独となった青年が企てた計画。愛弟子の彼を前に、湯川 が取った驚愕の行動とは。ガリレオ短篇の最高傑作!

著者紹介

東野 圭吾 (ヒガシノ ケイゴ)  
1958年、大阪府生まれ。大阪府立大学工学部電気工学科卒業。85年、『放課後』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。99年、『秘密』で日本推理作家協会賞、2006年、『容疑者Xの献身』で直木賞、12年、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』で中央公論文芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)