• 本

木の考古学 出土木製品用材データベース

出版社名 海青社
出版年月 2012年10月
ISBNコード 978-4-86099-911-7
4-86099-911-8
税込価格 11,880円
頁数・縦 449P 27cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

目次

1 人類の資源としての木材
2 遺跡出土木製品の樹種同定と保存処理
3 日本列島の森林植生と木材利用
4 遺跡出土木材の製品研究の展開
5 遺跡出土木製品の種類と地域性
6 木工技術と木材・製品の流通
7 正倉院宝物の木・竹製品
8 出土木製品用材データベースおよび関連データベース

著者紹介

伊東 隆夫 (イトウ タカオ)  
京都大学名誉教授、南京林業大学木材工業学院特別招聘教授、奈良文化財研究所客員研究員。専門分野:植物細胞学、木質科学、文化財科学
山田 昌久 (ヤマダ マサヒサ)  
首都大学東京大学院人文科学研究科教授。専門分野:考古学、技術史と地球環境史、植物利用史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)