• 本

「ゆっくり動く」と人生が変わる 副交感神経アップで、心と体の「不調」が消える!

PHP文庫 こ57−1

出版社名 PHP研究所
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-569-67890-0
4-569-67890-4
税込価格 586円
頁数・縦 237P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

体を緊張・興奮させる「交感神経」とリラックスさせる「副交感神経」。両者のバランスが崩れるとさまざまな不調・病気を招くが、ストレスだらけの現代人の多くは「交感神経優位」になってしまっている!本書では、自律神経研究の第一人者として知られる著者が、「副交感神経の働きを高める最も簡単かつ効果的な方法(=歩く、話す、食べるといった日常動作を『ゆっくり』行うこと)」を指南。

目次

序章 私が「ゆっくり」を意識するようになった理由
第1章 なぜ、「ゆっくり動く」といいか?
第2章 まずは「ゆっくり話す」ことから始めよう
第3章 「ゆっくり」をさまざまな場面に広げていこう
第4章 「ゆっくり」を続けていくための生活習慣
第5章 「ゆっくり」は自分も周りも幸せにする

おすすめコメント

ベストセラー『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』の著者が、「ゆっくり動く・話す」だけで心と体の不調が治る驚異の健康法を伝授!

著者紹介

小林 弘幸 (コバヤシ ヒロユキ)  
順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年、埼玉県生まれ。1987年、順天堂大学医学部卒業。1992年、同大学大学院医学研究科博士課程を修了後、ロンドン大学付属英国王立病院外科、トリニティ大学付属医学研究センター、アイルランド国立病院外科での勤務を経て、2006年より現職。20年以上に及ぶ、外科・移植外科、免疫、臓器、神経、水、スポーツ飲料に関する研究を経て、近年は交感神経と副交感神経について研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)