• 本

アンデスのリトゥーマ

出版社名 岩波書店
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-00-022071-2
4-00-022071-3
税込価格 2,640円
頁数・縦 378P 20cm

商品内容

要旨

苛烈な“人民革命”の嵐吹き荒れるペルー。テロリストの影に怯えながら、荒涼たるアンデス山中に駐屯する伍長リトゥーマと、助手トマスの目の前で、三人の男が消えた。彼らの身に何が起こったのか?壮絶な暴力、無表情なインディオたち、悪霊をあやつる“魔女”―さらに愛すべきトマスの恋愛劇までからめながら、戦慄の結末へと展開する物語は、読者をとらえて離さない。交錯する語りのなかに、古来の迷信と残酷な現実がまじり合う、ノーベル賞作家・バルガス=リョサの世界を堪能できる一作。

出版社
商品紹介

荒涼たるアンデスの奥地で、三人の男はどこへ消えたのか?ノーベル賞作家の世界を堪能できる一作。

著者紹介

バルガス=リョサ,マリオ (バルガスリョサ,マリオ)   Vargas Llosa,Mario
1936年ペルー生まれ。パリ滞在中に『ボスたち』(1959)でデビュー、『都会と犬ども』(1963)でビブリオテーカ・ブレーベ賞を受け、一躍注目を浴びる。セルバンテス賞など受賞多数、2010年にはノーベル文学賞を受賞した
木村 榮一 (キムラ エイイチ)  
1943年大阪生まれ。神戸市外国語大学名誉教授。現代スペイン文学・ラテンアメリカ文学紹介の第一人者として知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)