• 本

昭和天皇のゴルフ 昭和史を解く意外な鍵

出版社名 主婦の友インフォス情報社
出版年月 2012年12月
ISBNコード 978-4-07-283914-0
4-07-283914-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 255P 20cm

商品内容

要旨

日英両皇太子、世紀のマッチプレー。良子妃にゴルフ伝授…新宿御苑、赤坂離宮、那須、吹上御苑で天皇皇后の紅白コンペ。昭和天皇のゴルフに立ち塞がる黒い陰…昭和史を解く鍵がゴルフにあった。

目次

昭和天皇は「日本のゴルフ」の草分け!
東京大正博覧会と東京ゴルフ倶楽部の設立
皇太子裕仁のヨーロッパ外遊と海外初ラウンド
日英同盟の終結とギリシャvsトルコの戦い
日英両皇太子による世紀のゴルフマッチ
ゴルフに熱中する摂政宮を襲う試練続々
「夫婦でゴルフ」、新宿御苑で良子妃にゴルフ伝授!
赤坂離宮の6ホール、那須御用邸の9ホール、皇居吹上御苑の9ホール
天皇と皇后が主宰する宮中ゴルフコンペ〔ほか〕

おすすめコメント

●1番ホール=昭和天皇は「日本のゴルフ」の草分け!●2番ホール=東京大正博覧会と東京ゴルフ倶楽部●3番ホール=皇太子裕仁のヨーロッパ外遊と海外初ラウンド●4番ホール=日英同盟の終結とギリシャ・トルコの戦い●5番ホール=ゴルフ好きになった帰朝後の皇太子●6番ホール=日英両皇太子による世紀のゴルフマッチ●7番ホール=ゴルフに熱中する摂政宮を襲う試練続々●8番ホール=「夫婦でゴルフ」、新宿御苑で良子妃にゴルフ伝授!●9番=ホール 赤坂離宮6ホール、那須御用邸9ホール、皇居吹上御苑9ホール●10番ホール=天皇と皇后が主宰する宮中ゴルフコンペ●11番ホール=ウォルター・へーゲン来日の不思議、天覧ゴルフの謎●12番ホール=昭和天皇がゴルフを満州事変勃発後にやめたという説の真偽●13番ホール=球聖ボビー・ジョーンズに勝った宮本留吉プロ、英皇太子とプレー●14番ホール=五・一五事件から二・二六事件までの天皇のゴルフ●15番ホール=英国エドワード八世、「王冠を賭けた恋」とゴルフ●16番ホール=盧溝橋事件から第二次世界大戦へ、そして昭和天皇のゴルフ封印●17番ホール=ベーブ・ルースやサラゼンとゴルフ外交した米国グルー大使●最終ホール=終戦、平和。天皇は再びクラブを握ったのであろうか

著者紹介

田代 靖尚 (タシロ ヤスヒサ)  
昭和19年4月5日、中国山東省青島生。東京大学文学部社会学科卒業。広告代理店の営業部長を務めた後、総合研究開発機構(NIRA)総括主幹兼「政策研究」編集長。文筆業に転職し、日本文藝家協会に所属する。現在、東京大学文学部研究生として、日本近・現代史の他、万葉集・古事記のゼミにも参加している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)