• 本

さびしい女神

新潮文庫 に−22−4 僕僕先生

出版社名 新潮社
出版年月 2013年1月
ISBNコード 978-4-10-137434-5
4-10-137434-1
税込価格 562円
頁数・縦 330P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全2件

  • 今回は世界が大ピンチ!!

    大人気「僕僕先生」シリーズ待望の文庫化第4段。1巻の僕僕先生との出会いに始まり、2巻・3巻と一風変わった仲間を増やしつつ事件に巻き込まれながらもまったりと旅をしていた王弁。今回は世界の危機に立ち向かいます!終盤では僕僕先生の過去が少しかいま見えて・・・次巻がとても気になる1冊。

    (2014年3月14日)

  • 迫力満点、神でも仙人でも何でもあり、壮大です。

    シリーズが進むごとに物語のスケールが大きくなってきています。これ以上の展開を想像することができませんが、先行する単行本では、完結することもなく続いているようです。僕僕と王弁、つかず離れずの師弟はどうなるの。少しずつ王弁が逞しくなってきて、それでいて頼りになるようなならないような不思議なキャラクターは、もちろん憎めないけど、隔靴掻痒の感は否めません。もう少ししっかりしろよ、王弁。でも、王弁がしっかりしてたら、この物語、終わってしまいそうだし。読者としては、しばらくこのままでいてくれることを期待します。 (mogi)

    (2013年1月25日)

他の書店レビューを見る

商品内容

要旨

苗人の国を襲った大旱魃。その原因は王弁が出会った少女にあった。さびしがり屋で、話し下手で、でも人と触れ合いたい女神「魃」。王弁は枯れゆく国と魃を救うため、神々を探す旅に出る。宇宙に飛び出し、時空をも越え、神仙たちの古代戦争を目撃した王弁を待っていたのは、あまりに残酷な魃と僕僕の過去だった―。救うべきは女の子か、それとも世界か。怒涛のシリーズ第四弾。

おすすめコメント

苗人の国を襲った大旱魃。その原因は王弁が出会った少女にあった。さびしがり屋で、話し下手で、でも人と触れ合いたい女神、魃。王弁は枯れゆく国と魃を救うため、神々を探す旅に出る。宇宙に飛び出し、時空をも越え、神仙たちの古代戦争を目撃した王弁を待っていたのは、あまりに残酷な魃と僕僕の過去だった――。救うべきは女の子か、それとも世界か。怒涛のシリーズ第四弾。

著者紹介

仁木 英之 (ニキ ヒデユキ)  
1973(昭和48)年、大阪生れ。信州大学人文学部に入学後、北京に留学。2年間を海外で過ごす。2006(平成18)年『夕陽の梨―五代英雄伝』で「歴史群像大賞」最優秀賞を、また同年『僕僕先生』で「日本ファンタジーノベル大賞」大賞を受賞しデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)