• 本

地形からみた歴史 古代景観を復原する

講談社学術文庫 2143

出版社名 講談社
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-06-292143-5
4-06-292143-X
税込価格 1,134円
頁数・縦 279P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「地震」「水害」「火山」「雷」「大風」…。『記紀』に描かれた数多の自然現象とその災害の実態とは?「浦」「江」「潟」「岸」「潮」「浜」…。『万葉集』に謳われた風光明媚な景を現在と比較すると?「古墳」「池」「溝」「津」「水門」、人為は景観をどう変えたのか?空中写真、地形図、遺構・遺跡、史料を突き合わせ、失われた古代日本を大胆に復原する。

目次

第1章 景観の復原と遺跡―はじめに
第2章 大地は変わる
第3章 『記紀』『万葉集』に自然の景をよむ
第4章 生活の場を復原する
第5章 生産の場を復原する
第6章 消費の場を復原する
第7章 景観の形成と古代―むすびにかえて

おすすめコメント

自然と人間は大地を変える。『記紀』の「水門」「潟」「大溝」「津」とは? 古日本の姿を、地理・考古・歴史学を総動員して復原する

著者紹介

日下 雅義 (クサカ マサヨシ)  
1934年徳島県生まれ。立命館大学大学院文学研究科修士課程修了。立命館大学名誉教授。文学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)