• 本

三好達治詩集

ハルキ文庫 み9−1

出版社名 角川春樹事務所
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-7584-3703-5
4-7584-3703-3
税込価格 734円
頁数・縦 221P 16cm

商品内容

要旨

「太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ。/次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ。」豊かなイメージを呼び起こすわずか二行の代表作「雪」を収録した第一詩集『測量船』から、『百たびののち』以後の作まで、昭和期を代表する最大の詩人・三好達治が、澄み切った知性と精確な表現で綴った全一三六篇を新仮名遣いで収録。教科書でもおなじみの「蟻が/蝶の羽をひいて行く/ああ/ヨットのようだ」(「土」)など、時を超えて、いまなお私たちの心を揺さぶる名詩の世界。文庫オリジナル版。

目次

測量船
南窗集
間花集
山果集
艸千里
一点鐘
花筐
故郷の花
砂の砦
日光月光集
ラクダの瘤にまたがって
百たびののち
「百たびののち」以後

著者紹介

三好 達治 (ミヨシ タツジ)  
1900年、大阪府生まれ。東京帝国大学文学部仏文科卒業。在学中に詩作を始め詩壇にて高い評価を得、1930年、第一詩集『測量船』を刊行。1953年、『駱駝の瘤にまたがって』他、全詩業により芸術院賞受賞。1963年、読売文学賞受賞。1964年4月5日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)