• 本

高峰秀子夫婦の流儀

とんぼの本

出版社名 新潮社
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-10-602237-1
4-10-602237-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 125P 22cm

商品内容

要旨

互いの仕事に口出ししない、相手の時間を奪わない―「子供」「礼儀」「老い」など、10のテーマで解き明かす、稀有な夫婦の幸せの秘訣。初公開の写真や遺稿、幻のエッセイも満載。

目次

夫婦をめぐる10のキーワード(約束
収入
住居
食事
子供
喧嘩
趣味
礼儀
時間
老い)
幻のエッセイ(「結婚」について
二人の結婚生活について
夫婦の愛情について
人生の店じまい)
忘れられない贈りもの(夫から妻へ
父から娘へ
母から娘へ
夫婦から娘へ)
赤い小銭入れ

出版社
商品紹介

「とうちゃんさえいれば幸せ」。大女優の唯一の望みは「結婚」だった。収入、食事、老いなど10のテーマで語る、稀有な夫婦の物語。

著者紹介

齋藤 明美 (サイトウ アケミ)  
作家。1956年高知県生れ。津田塾大学卒業。高校教師、テレビ構成作家を経て「週刊文春」の記者を20年務める。1999年、初の小説「青々と」で第10回日本海文学大賞奨励賞を受賞。2009年、松山善三・高峰秀子夫妻の養女となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)