• 本

援デリの少女たち

出版社名 宝島社
出版年月 2012年12月
ISBNコード 978-4-7966-9964-8
4-7966-9964-3
税込価格 1,430円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

少女たちは寝る間も惜しんでカラダを売り続けた―。売春組織「援デリ」密着取材6年半の記録。

目次

第1章 勝ち抜けレース
第2章 ヤクザと援デリ
第3章 全寮制援デリ
第4章 買春男たちの素性
第5章 闇のセーフティネット
第6章 救いの場所はあるか
第7章 身篭った少女
終章 帰郷

おすすめコメント

出会い系サイトでやりとりされる女性からのメールの95%が、実は「援デリ」と呼ばれる素人を装った業者によるものだということを、ほとんどの人は知りません。打ち子と呼ばれる者がメールで客を取り、実働部隊である女の子に客を振り分け援助交際をさせる「援デリ」は、家出少女や知的障害者など、行き場所がない弱者が働く最底辺風俗です。本書は、そんな最悪の環境で働く少女たちの、衝撃の生と性をルポします。

著者紹介

鈴木 大介 (スズキ ダイスケ)  
「犯罪をする側の論理」をテーマに、裏社会・触法少年少女らの生きる現場を中心に取材活動を続けるルポライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)