• 本

不平等について 経済学と統計が語る26の話

出版社名 みすず書房
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-622-07691-9
4-622-07691-8
税込価格 3,240円
頁数・縦 195,37P 20cm

商品内容

要旨

グローバリゼーションで世界は不平等になったのか?ローマ帝国の所得格差はどれ程なのか?数々の思い込みを数字で覆し、精確に理解するための必修知識。

目次

第1章 不平等な人々―国家内の個人の不平等(ロマンスと富
アンナ・カレーニナはアンナ・ヴロンスカヤになれたのか
史上最高のお金持ちは誰か ほか)
第2章 不平等な国々―世界の国家間の不平等(なぜ、マルクスは道を間違えたのか
今日の世界はいかに不平等か
「生まれ」は所得の決め手か ほか)
第3章 不平等な世界―世界の市民の不平等(あなたは世界の所得分布のどこにいるのか
世界に中間層は存在するか
アメリカ合衆国とEUの違いは何か ほか)

出版社
商品紹介

古代ローマからグローバリゼーション後まで、長年、世界銀行で不平等を計量してきた専門家がやさしく語る、方法論の基礎と世界の現状。

著者紹介

ミラノヴィッチ,ブランコ (ミラノヴィッチ,ブランコ)   Milanovic,Branko
世界銀行の研究部門のリードエコノミスト、メリーランド大学教授。専門は所得分布、不平等の計測
村上 彩 (ムラカミ アヤ)  
翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)