• 本

漱石のデザイン論 建築家を夢見た文豪からのメッセージ

出版社名 六耀社
出版年月 2012年12月
ISBNコード 978-4-89737-730-8
4-89737-730-7
税込価格 2,200円
頁数・縦 261P 20cm

商品内容

要旨

東大本科進学目前の二十三歳の時、漱石は建築家になることを決心していた。しかし、その夢は、あっさりと友人に打ち砕かれてしまうのだが、建築、美術、デザインなど、日本文化への、厳しくも深い愛を、その後も漱石は持ち続けていた。「皮相上滑り」という言葉に代表されるように、文明開化を期に大きく変容した日本文化を危惧し、晩年、学生たちに向かって、お節介とも思われるほど、熱く語り続けた漱石…。『デザイン』という言葉がまだ日本にない時代、漱石の語った内容は、まさに『デザイン』そのものだった。長年、編集者として、デザインの最前線を見続けてきた著者が読み解く、漱石先生の『デザイン論』。

目次

第1章 建築家を志した漱石
第2章 漱石のデザイン論
第3章 模倣とオリジナリティー
第4章 職業としての作家とデザイナー
第5章 漱石の「還元的感化」論
第6章 「自己本位」主義のすすめ

出版社
商品紹介

夏目漱石は、文学の前に建築家を志していた。漱石を通じ、「文学と建築」、「文学とデザイン」の意外な関係を紐解く。

著者紹介

川床 優 (カワトコ ユウ)  
編集者。株式会社メディアフロント代表。1950年福岡県生まれ。1975年武蔵野美術大学建築学科卒業。インテリア出版「ジャパン・インテリア・デザイン」編集部勤務後、(株)メディア・ギルド、(株)IDL情報デザイン研究所の代表を経て、現職。武蔵野美術大学、産能大学、桑沢デザイン研究所、首都大学東京大学院、他で講師を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)