• 本

計算力学 有限要素法の基礎

第2版

出版社名 森北出版
出版年月 2012年12月
ISBNコード 978-4-627-91802-3
4-627-91802-X
税込価格 3,740円
頁数・縦 234P 22cm
シリーズ名 計算力学

商品内容

要旨

現象の基礎方程式から、有限要素法の各アルゴリズムまで、計算力学の全ステップを丁寧に解説。

目次

第1章 計算力学概論
第2章 数学的基礎
第3章 物理現象の初期値・境界値問題
第4章 マトリックス構造解析
第5章 重み付き残差法と有限要素法
第6章 定常問題の有限要素法
第7章 非定常問題の有限要素法
付録A 代数方程式の数値解法
付録B アイソパラメトリック要素と数値積分法

おすすめコメント

日本計算工学会/編の「計算力学」の標準的教科書の改訂版です。これ1冊で、有限要素法・境界要素法・差分法などの理解に必要な「計算力学」の全体を、わかりやすく学習できます。好評を博した初版をさらにわかりやすくなるように改訂し、一層理解が深まるようになりました。計算力学の修得に必要とされるマトリックス演算、物理問題の支配方程式などの各予備知識も、本書一冊で学習できるように工夫されています。定常問題(ポテンシャル流れ問題、弾性問題)の有限要素法の基礎から、非定常問題(時間に依存する非定常問題および動的な問題)の時間・空間に対する離散化、安定化までが学習できます。

著者紹介

竹内 則雄 (タケウチ ノリオ)  
1977年中央大学大学院理工学研究科土木工学専攻修士課程修了。東京大学助手、明星大学講師、助教授、教授を経て1999年法政大学教授。工学博士(東京大学)
樫山 和男 (カシヤマ カズオ)  
1987年中央大学大学院理工学研究科土木工学専攻博士後期課程修了。広島工業大学助手、講師、中央大学講師、助教授を経て1999年中央大学教授。工学博士(中央大学)
寺田 賢二郎 (テラダ ケンジロウ)  
1996年ミシガン大学工学部機械・応用力学科博士課程修了。東京大学助手、東北大学講師、准教授を経て2012年東北大学教授。Ph.D.(ミシガン大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)