• 本

五輪書

いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ 5

出版社名 致知出版社
出版年月 2012年12月
ISBNコード 978-4-88474-982-8
4-88474-982-0
税込価格 1,512円
頁数・縦 163P 19cm

商品内容

要旨

『五輪書』は、人生のさまざまな局面に待ち受けるさまざまな敵との戦いに勝つためのノウハウを記した「ビジネス書」であり、乱世を生き抜くヒントを与えてくれる「人生の指南書」でもある。

目次

地之巻(兵法の道ということ
兵法の道を大工にたとえること ほか)
水之巻(兵法の心の持ちようのこと
兵法の身なりのこと ほか)
火之巻(場の次第ということ
三つの先ということ ほか)
風之巻(他流派が大きな太刀を持つこと
他流派の「強みの太刀」ということ ほか)
空之巻

著者紹介

宮本 武蔵 (ミヤモト ムサシ)  
1584‐1645年。江戸初期の兵法家、剣術家、画家。天正12年兵庫あるいは岡山生まれ。名は玄信。号は二天。新免無二斎武仁の子。若年から剣の修業のため諸国を巡り、二刀流を編み出し、二天一流と称した。巌流佐々木小次郎との決闘のほか、生涯六十余回の勝負に一度も敗れなかったと伝えられている。晩年は熊本藩主細川忠利に仕えた。水墨画にも長じた
城島 明彦 (ジョウジマ アキヒコ)  
昭和21年三重県に生まれる。早稲田大学政経学部卒。東宝、ソニー勤務を経て、「けさらんぱさらん」で第62回オール讀物新人賞を受賞し、作家となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)