• 本

父親はどこへ消えたか 映画で語る現代心理分析

シエスタ

出版社名 学芸みらい社
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-905374-12-1
4-905374-12-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 296P 19cm

商品内容

要旨

なぜ、リーダーシップに悩むのか。100本を超える映画から、映画評論家であり精神科医である著者が答えを導く。

目次

はじめに 「父親」はどこへ消えた?
第1章 海賊の心理学
第2章 父性とは何か?「父親殺し」の心理学
第3章 父性の年代記 アメリカ編
第4章 父性の年代記 日本編
第5章 各論 「父性」をめぐるいくつかの論点
第6章 父性回復の処方箋

著者紹介

樺沢 紫苑 (カバサワ シオン)  
精神科医、作家、映画評論家。1965年、札幌生まれ。札幌医科大学医学部卒業後、同大神経精神医学講座に入局。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務する。2004年から米国シカゴのイリノイ大学に3年間留学。うつ病、自殺予防についての研究に従事。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。Facebook15万人、Twitter13万人など累計40万人以上のインターネット媒体を駆使し、メンタル疾患の予防を目的に、精神医学、心理学の知識、情報をわかりやすく発信している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)