• 本

和僑 農民、やくざ、風俗嬢。中国の夕闇に住む日本人

出版社名 角川書店
出版年月 2012年12月
ISBNコード 978-4-04-110305-0
4-04-110305-3
税込価格 1,980円
頁数・縦 332P 20cm

商品内容

要旨

「和僑」とは、今世紀になってから日本人の間で作られた造語である。中国で喰い、中国を喰らう日本人を追った前代未聞のルポ。

目次

第1章 2ちゃんねらーは日本ではなく中国の農村を選んだ―雲南
第2章 「売春仲介は逮捕のリスクがある」と富豪は切り捨てた―マカオ
第3章 「私は『ニッポン定食』だった」と風俗嬢は笑った―新宿歌舞伎町
第4章 駐在員たちは「かつての日本」をつくっていた―上海
第5章 「組を作ってくれとお願いされたんや」とやくざは語った―上海
第6章 「さらば日中友好」と、友好に身を捧げた老女は訴えた―北京
第7章 「日本よりも中国の方が自由で暮らしやすいんですよ」

出版社
商品紹介

雲南の山村に住む2ちゃんねらー。欲望の海・マカオで「ニッポン定食」として働いていた風俗嬢。上海で日系企業の依頼で組を作ったやくざ。嫌われている国をわざわざ選んだ者たちの目に映る、日本と中国とは――。

おすすめコメント

雲南の山村に住む2ちゃんねらー。欲望の海・マカオで「ニッポン定食」として働いていた風俗嬢。上海で日系企業の依頼で組を作ったやくざ。嫌われている国をわざわざ選んだ者たちの目に映る、日本と中国とは――。!

著者紹介

安田 峰俊 (ヤスダ ミネトシ)  
ノンフィクション作家、多摩大学経営情報学部「現代中国入門」非常勤講師。1982年滋賀県生まれ。立命館大学文学部(東洋史学専攻)卒業後、広島大学大学院文学研究科修士課程修了。在学中、中国広東省の深〓(せん)大学に交換留学。一般企業勤務を経た後、いくつかの職業を経て著述業に。アジア、特に中華圏の社会・政治・経済事情に通じた気鋭の若手作家。「迷路人」のハンドルネームにて、中国のネット掲示板を日本語に翻訳・編集する人気ブログ『大陸浪人のススメ』を運営している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)