• 本

聖公会が大切にしてきたもの 続

宣教の課題と可能性

出版社名 聖公会出版
出版年月 2012年11月
ISBNコード 978-4-88274-236-4
4-88274-236-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 147P 19cm
シリーズ名 聖公会が大切にしてきたもの

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1部 わたしたちの「宣教」を想い描くために―日本聖公会の宣教の課題と可能性(一九九五年日本聖公会宣教協議会で確かめられたこと
「日本」というコンテキストで宣教することとは
アングリカン・コミュニオンの宣教理解
「いのち、尊厳限りないもの」―WCC第十回総会との関連で
「牧会的配慮」(Pastoral Care)としての聖公会の宣教理解
東日本大震災「いっしょに歩こう!プロジェクト」から学ぶこと
日本聖公会の小さな宣教の歩み
おわりに―わたしたちの「宣教」を想い描くこと)
第2部 時の徴を見分けること(「平和の福音」受けし者の使命
もう、ひとりで歩かなくても
抜群のストーリーテラー
無条件の愛を伝えること
オンブズマンとなること
教会教職者の「権威」果たさなければならない約束
寄せ書きのある一枚の旗
絶望の中で語るべき希望
言が肉とる時を待つ)

著者紹介

西原 廉太 (ニシハラ レンタ)  
1962年、京都生まれ。京都大学工学部卒業。聖公会神学院卒業。立教大学大学院文学研究科組織神学専攻修了。現在、立教大学文学部キリスト教学科、立教大学大学院キリスト教学研究科教授。立教大学副総長、立教学院副院長。専門は、アングリカニズム(英国宗教改革神学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)