• 本

秘密戦争の司令官オバマ CIAと特殊部隊の隠された戦争

出版社名 並木書房
出版年月 2013年1月
ISBNコード 978-4-89063-302-9
4-89063-302-2
税込価格 1,760円
頁数・縦 263P 19cm

商品内容

要旨

バラク・オバマが大統領に就任した時、「戦争のない世界を実現しようとする理想の指導者なのではないか」と多くの人が淡い期待を抱いた。だがオバマはブッシュ政権時代の政策を引き継ぎ、さらに拡大、発展させた。無人機を使った暗殺作戦、特殊部隊を使った対テロ作戦、そしてサイバー攻撃など、秘密の戦争をエスカレートさせたのである。ノーベル平和賞を受賞した黒人初の大統領は、いかにして米国史上もっとも過激な「秘密戦争の司令官」に変わっていったのか?オバマ政権の軍事戦略や秘密諜報活動を詳細に追いながら、オバマの戦争の実像を描く。

目次

第1章 オサマ・ビン・ラディン暗殺作戦
第2章 バラク・オバマの「選択の戦争」
第3章 出ばなを挫かれたオバマ政権
第4章 迷走するオバマの戦争
第5章 CIA対ISIの秘密諜報戦争
第6章 戦略転換と秘密作戦
第7章 偽りのサクセス・ストーリー

著者紹介

菅原 出 (スガワラ イズル)  
1969年、東京生まれ。中央大学法学部政治学科卒。平成6年よりオランダ留学。同9年アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒。国際関係学修士。在蘭日系企業勤務、フリーのジャーナリスト、東京財団リサーチフェロー、英危機管理会社役員などを経て、現在は国際政治アナリスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)