• 本

マックス・ウェーバーの日本 受容史の研究1905−1995

出版社名 みすず書房
出版年月 2013年1月
ISBNコード 978-4-622-07709-1
4-622-07709-4
税込価格 8,100円
頁数・縦 371,65P 22cm

商品内容

要旨

なぜマックス・ウェーバーは日本の社会科学にかくも大きな影響を及ぼし続けたか。受容の始まりから三木清、レーヴィットをへて大塚久雄、丸山眞男、現在まで。詳細な追跡からその意味を明かす。

目次

第1章 マックス・ウェーバーの著作におけるテーマとしての日本―受容の出発点?
第2章 マックス・ウェーバー受容のあけぼの 一九〇五‐一九二五
第3章 業績の発見 一九二六‐一九四五
第4章 日本の「第二の開国」期におけるマックス・ウェーバー研究 一九四五‐一九六五
第5章 一九七〇年以後のマックス・ウェーバー・ルネサンス
第6章 結語

出版社
商品紹介

なぜマックス・ウェーバーは日本という国の社会科学にかくも大きな影響を及ぼしつづけたのか。その詳細と意味を追究した画期的研究。

著者紹介

シュヴェントカー,ヴォルフガング (シュヴェントカー,ヴォルフガング)   Schwentker,Wolfgang
1953年にドイツのオーバーハウゼンで生まれる。デュッセルドルフ大学卒業。同大学院でヴォルフガング・J・モムゼンを師として近現代史を専攻。1986年に博士学位、1996年に教授資格(Habilitation)取得。現在、大阪大学人間科学研究科教授
野口 雅弘 (ノグチ マサヒロ)  
1969年東京に生まれる。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。ボン大学哲学部で博士号取得(Ph.D.)、現在、立命館大学法学部准教授
鈴木 直 (スズキ タダシ)  
1949年東京に生まれる。東京大学大学院人文科学研究科博士課程退学。東京医科歯科大学教養部教授を経て、東京経済大学経済学部教授
細井 保 (ホソイ タモツ)  
1967年東京に生まれる。法政大学大学院博士課程修了。現在、法政大学法学部教授。政治体制論専攻
木村 裕之 (キムラ ヒロユキ)  
1971年群馬に生まれる。大阪大学大学院人間科学研究科単位取得退学。博士(人間科学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)