• 本

残すべき建築 モダニズム建築は何を求めたのか

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2013年1月
ISBNコード 978-4-416-61388-7
4-416-61388-1
税込価格 1,980円
頁数・縦 287P 21cm

商品内容

要旨

東京駅が華々しく復元される一方で、同潤会アパートや歌舞伎座、京都会館といった身近な建物が取り壊され、失われる風景がある。いまなお愛されつづける場所を含め、建築家たちが求めた暮らしのかたちを見つめ直すためにモダニズム建築を訪ね歩く。

目次

世田谷区民会館・区庁舎
東京中央郵便局・大阪中央郵便局
旧・飯箸邸(現「ドメイヌ・ドゥ・ミクニ」)
歌舞伎座
新朝日ビルディング
公団阿佐ヶ谷団地
洲本市立図書館
同潤会上野下アパート
桂カトリック教会
日土小学校〔ほか〕

出版社
商品紹介

1920年代〜60年代に建てられた近代建築が次々に取り壊されている状況に対し警鐘を鳴らすため、残すべき建築とその理由を論じる。

著者紹介

松隈 洋 (マツクマ ヒロシ)  
1957年兵庫県生まれ。1980年京都大学工学部建築学科卒業後、前川國男建築設計事務所に入所。2000年4月京都工芸繊維大学助教授に着任。2008年10月より京都工芸繊維大学教授。博士(工学)。専門は近代建築史、建築設計論。2000年よりDOCOMOMO Japanメンバー。2012年4月より同副代表。2005〜2006年「生誕100年・前川國男建築展」実行委員会事務局長を務める。アントニン・レーモンド、坂倉準三、白井晟一、シャルロット・ペリアン、村野藤吾など多くの建築展の企画にも携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)