• 本

恐竜の描き方 ドラゴン&クリーチャーのファンタジー表現にも応用できる

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2013年1月
ISBNコード 978-4-416-11327-1
4-416-11327-7
税込価格 2,200円
頁数・縦 144P 26cm

商品内容

目次

1 復元画の世界
2 復元画を描くということ(描くためのテクニック
サイエンティフィックイラストレーションであるための7つのルール)
3 復元画が描かれるまで(下絵編(ステゴサウルス
アマルガサウルス)
彩色編)
4 いろいろな恐竜を描く(ティラノサウルス
ウネンラギア
カルノタウルス
ベロキラプトル
スピノサウルス
トリケラトプス ほか)
5 これまでに制作した復元画より(恐竜の各部位と骨格の名称)

出版社
商品紹介

イラストレーションの世界で、ニッチな分野である古生物の復元画(恐竜)制作プロセスを、惜しみなく公開する類書皆無な一冊。

著者紹介

伊藤 丙雄 (イトウ アキオ)  
東京工科大学デザイン学部准教授。1966年、千葉県市川市に生まれる。1990年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業、1992年同大学院形成デザイン専攻修了。1992年より1995年まで東京芸術大学美術学部デザイン科非常勤講師、2010年より東京工科大学デザイン学部准教授(現職)。日本デザイン学会会員。専門領域:イラストレーションおよびグラフィックデザイン
冨田 幸光 (トミダ ユキミツ)  
国立科学博物館生命進化史研究グループ長。1950年、愛知県瀬戸市に生まれる。横浜国立大学教育学部卒業後、米国アリゾナ大学大学院に留学。博士課程修了(Ph.D.)。1981年より国立科学博物館研究官、1995年同館古生物第三研究室長、2012年より同館生命進化史研究グループ長(現職)。専門は古脊椎動物学(特に哺乳類化石)。国内各地のほか、これまでにアメリカのロッキー山脈地域、パキスタンのシワリク地域、モンゴルのゴビ砂漠、中国の内蒙古と安徽省などで野外調査をするとともに、小型哺乳類や古第三紀の古い哺乳類の化石を中心に研究を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)