• 本

巨大災害と人間の安全保障

出版社名 芙蓉書房出版
出版年月 2013年1月
ISBNコード 978-4-8295-0571-7
4-8295-0571-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 208P 19cm

商品内容

要旨

巨大災害時や復旧・復興における「人間の安全保障」確保に向けた提言。5つのテーマで東日本大震災の復旧・復興のあるべき姿を論じる。

目次

第1章 日本復興計画―日本再生と列島強靱化(震災という大怪我の治癒を
「常識」から逸脱した対応 ほか)
第2章 災害の壁―安全・安心とコミュニケーション(想定外の問題
災害の壁
災害ユートピア ほか)
第3章 人とコミュニティと情報(2011年3月11日
バングラデシュにおける早期警戒と情報伝達 ほか)
第4章 地震・津波と人的被害(地震と津波の力
物的被害から人的被害へ ほか)
第5章 津波災害復興と健康リスク管理(東日本大震災での津波廃棄物発生量の推定
災害対応からみた海ごみ発生量 ほか)

出版社
商品紹介

国土計画、社会システム、コミュニティ、人間被害、健康リスク、5つのテーマで東日本大震災の復旧・復興のあるべき姿を論じる。

著者紹介

清野 純史 (キヨノ ジュンジ)  
京都大学大学院工学研究科/地球環境学堂教授。1957年生まれ。京都大学大学院工学研究科修士課程修了。博士(工学)。京都大学防災研究所助手、山口大学工学部助教授、京都大学工学研究科准教授を経て、2009年より京大教授。専門は地震工学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)