• 本

中国の対外援助

出版社名 日本経済評論社
出版年月 2013年1月
ISBNコード 978-4-8188-2253-5
4-8188-2253-1
税込価格 3,520円
頁数・縦 284P 21cm

商品内容

要旨

大きな存在となりながら、いまだ十分に知られていない中国の対外援助を、理念、規模、国際的影響、日本の援助経験との密接な関係など、多様な角度から分析し、その全体像に迫る。

目次

第1部 その基本構造(対外援助の概念と援助理念―その歴史的背景
対外援助の規模、活動内容、担い手と仕組み)
第2部 多様な活動形態(中国の対外経済協力―「対外経済合作」を中心に
アジア諸国への経済協力―メコン地域・中央アジアを中心に ほか)
第3部 「援助・投資・貿易の相乗効果」の論理と「アジア型援助モデル」の可能性(中国の「三位一体」型援助と日本の経験
「アジア型援助モデル」の可能性)
第4部 中国の対外援助の展望(中国の対外援助と国際援助社会―伝統的ドナーとアフリカの視点から
対外援助と外交政策 ほか)

著者紹介

下村 恭民 (シモムラ ヤスタミ)  
1940年生まれ、コロンビア大学MBA。現在、法政大学名誉教授
大橋 英夫 (オオハシ ヒデオ)  
1956年生まれ、筑波大学大学院社会科学研究科単位取得退学。現在、専修大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)