• 本

飛び梅

文春文庫 ふ31−3 切り絵図屋清七

出版社名 文藝春秋
出版年月 2013年2月
ISBNコード 978-4-16-781003-0
4-16-781003-4
税込価格 726円
頁数・縦 293P 16cm

商品内容

要旨

江戸の切り絵図制作を始めて一年半。町人として充実した日々を過す清七だったが、ある日、勘定組頭を務める実の父が何者かに襲われる現場に遭遇。勘定所内部に大きな陰謀が進行しているのか―清七が実家に戻ることを望む父、店の主と仲間達、そしておゆりへの思いに揺れ動く清七は果たして。書き下ろしシリーズ第三弾。

おすすめコメント

実家の父が何者かに襲われ、勘定所に関わる大きな不正に気づく清七。切り絵図屋も軌道に乗ったばかりだが──。シリーズ第3弾。

著者紹介

藤原 緋沙子 (フジワラ ヒサコ)  
高知県生まれ。立命館大学文学部史学科卒業。小松左京主宰の創作教室「創翔塾」出身。細やかな人情味あふれる物語で人気を博す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)