• 本

レアルとバルサ怨念と確執のルーツ スペイン・サッカー興亡史

中公新書ラクレ 445

出版社名 中央公論新社
出版年月 2013年2月
ISBNコード 978-4-12-150445-6
4-12-150445-3
税込価格 902円
頁数・縦 221P 18cm

商品内容

要旨

首都マドリードを本拠地とするレアル・マドリードと、熱狂的ファンに支えられクラブ以上の存在と言われるFCバルセロナは十九世紀末の創立以来、サッカーにとどまらず激しく対立してきた。スペイン史、民族問題ともからむ両チームのライバル関係の歴史・構造を、節目となる試合・事件とともに活写。

目次

第1章 レアル・マドリードとバルサを知るための基礎知識(レアル・マドリードvsバルサ=巨人vs阪神?―「国家」と「民族」
「民族」は歴史的なもの ほか)
第2章 レアル・マドリード、バルサ誕生―スペイン・サッカーの黎明期(スペイン・サッカー事始め
レアル・マドリード誕生 ほか)
第3章 スペイン内戦への道―そのときサッカーは…(スペイン共和国成立―レアル・マドリードが「レアル」でなくなった日
内戦中の「マドリード」(レアル・マドリード)とバルサ)
第4章 内戦後のレアル・マドリードとバルサ(フランコ政権による報復の中で
カタルーニャ文化の弾圧 ほか)
第5章 バルサの新時代の幕開け(「クラブ以上の存在」
グルセタ事件 ほか)

出版社・メーカーコメント

首都マドリードを本拠地とするレアル・マドリードと、スペインから独立の気運さえあるカタルーニャの熱狂的ファンに支えられクラブ以上の存在と言われるFCバルセロナ(バルサ)は十九世紀末の創立以来、サッカーにとどまらず激しく対立してきた。スペイン近代史、民族問題ともからむ両チームの百年以上にわたる憎悪と反目の歴史・構造を節目となる試合・事件とともに活写。

著者紹介

田澤 耕 (タザワ コウ)  
1953年横浜市生まれ。一橋大学社会学部卒業。東京銀行勤務を経て、大阪外国語大学にて修士号取得。バルセロナ大学大学院にて博士号(カタルーニャ語学)取得。法政大学国際文化学部教授。専門はカタルーニャ語・カタルーニャ文化。2003年カタルーニャ自治政府より「サン・ジョルディ十字勲章」を、2009年外務大臣表彰を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)