• 本

機械との競争

出版社名 日経BP社
出版年月 2013年2月
ISBNコード 978-4-8222-4921-2
4-8222-4921-2
税込価格 1,760円
頁数・縦 175P 19cm

商品内容

要旨

「テクノロジー失業」の襲来!MIT(マサチューセッツ工科大学/研究チーム)による恐るべき最新レポート。

目次

第1章 テクノロジーが雇用と経済に与える影響(雇用なき景気回復
仕事はどこへ行ってしまったのか ほか)
第2章 チェス盤の残り半分にさしかかった技術と人間(先行するコンピュータ
ムーアの法則とチェス盤の残り半分 ほか)
第3章 創造的破壊―加速するテクノロジー、消えてゆく仕事(生産性の伸び
伸び悩む所得 ほか)
第4章 では、どうすればいいか(相織革新の強化
人的資本への投資 ほか)
第5章 結論―デジタルフロンティア(デジタル革命は何をもたらすか
謝辞)

おすすめコメント

デジタルエコノミー分析で定評のあるMITデジタル・ビジネス・センターが描く、機械(コンピュータ)vs人間の将来図。コンピュータが人間の領域を侵食していく時代の経済で、教育、インフラへの投資など19の提言を示す。

著者紹介

ブリニョルフソン,エリック (ブリニョルフソン,エリック)   Brynjolfsson,Erik
MITスローン・スクール経済学教授。デジタル・ビジネス・センターのディレクター。スローン・マネジメント・レビュー誌編集長
マカフィー,アンドリュー (マカフィー,アンドリュー)   McAfee,Andrew
MITスローン・スクール・デジタル・ビジネス・センター主任リサーチサイエンティスト
村井 章子 (ムライ アキコ)  
翻訳家。上智大学文学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)