• 本

カールシュタイン城夜話

出版社名 風濤社
出版年月 2013年3月
ISBNコード 978-4-89219-363-7
4-89219-363-1
税込価格 3,080円
頁数・縦 330P 20cm

商品内容

要旨

プラハをヨーロッパの中心にした神聖ローマ帝国皇帝カレル四世。一三七一年中世プラハ。毒を盛られた王は一命を取り留め、カールシュタイン城で養生していた。皇帝の無聊を慰めるは三人の側近。男集まれば女性のこと、或いは騎士道、聖女、悪魔、黒死病…聖霊降臨祭までの一週間に21の物語が語られる―。

著者紹介

クプカ,フランティシェク (クプカ,フランティシェク)   Kubka,Frantisek
1894‐1961。プラハ生まれ。散文作家、詩人、劇作家、文学史家、翻訳家であり、かつチェコで最も才能のある語り手の一人と言われる。1912年カレル大学入学、ドイツ文学を修めるも、第一次大戦勃発で従軍。1915年ロシア軍に捕らえられ捕虜収容所を転々とし、ロシア語ならびに当時の現代ロシア文学を学ぶ。1921年帰還。1929年プラハのドイツ語新聞「プラーグ報知」の主筆。1939‐40年ゲシュタポによりベルリンで投獄、1946‐49年ブルガリア大使を務めた
山口 巖 (ヤマグチ イワオ)  
1934年生まれ。専門はロシア言語学。1992年京都大学大学院人間・環境学研究科(文化環境言語基礎論講座)教授、1998年鳥取大学教育学部教授、2003年鳥取環境大学教授。2005年同退職。京都大学、鳥取環境大学各名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)