• 本

職業としての学問・政治

まんがで読破 MD121

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2013年3月
ISBNコード 978-4-7816-0924-9
4-7816-0924-4
税込価格 596円
頁数・縦 190P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

20世紀の大戦を終え、若者たちは「現実」よりも「世界観」を、「認識」よりも「体験」を、「教師」のかかわりに「指導者」を求めるようになっていた。ウェーバーはこれらの風潮を「弱さ」だと叱咤し、「日々の仕事に戻れ」と言う。社会に希望に見出せず、現実と向き合えない若者に向けて、学問と政治のあるべき姿を説く、ウェーバーの名講演2作を漫画化。

目次

職業としての政治(講演にいたるまで
職業としての政治)
職業としての学問(学問の外的諸条件
学問の宿命
学問そして人生の命題のために)

著者紹介

ウェーバー,マックス (ウェーバー,マックス)  
1864〜1920。ドイツの社会学者・経済学者。プロテスタントの裕福な家庭に生まれ、法律学や経済史などを学び、30歳の若さでフライブルク大学の教授となる。『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』などを発表、近代西欧文明と合理性の原理を追究し、現代社会学の発展に大きな影響を与えた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)