• 本

おいしく食べる山菜・野草 採り方・食べ方・効能がわかる

新版

出版社名 世界文化社
出版年月 2013年3月
ISBNコード 978-4-418-13306-2
4-418-13306-2
税込価格 1,430円
頁数・縦 159P 21cm

商品内容

要旨

わが国で食べられる山菜は350〜360種ありますが、だれもがおいしいと思えるものはそのうち80〜100種ぐらいです。本誌では、おいしく食べられる山菜・野草109種を取り上げて、いつ、どこで、どのような山菜が採取できるかを紹介しています。間違いやすい毒草との見分け方も併せて解説しました。

目次

第1章 早春の山菜・野草(ふきのとう
つくし ほか)
第2章 春の山菜・野草(あざみ
あかざ ほか)
第3章 夏の山菜・野草(おおばぎぼうし
すべりひゆ ほか)
第4章 秋の山菜・野草(やまのいも
はす ほか)
第5章 薬草として山菜・野草を味わう(山菜・野草の医食同源
山菜を料理する ほか)

出版社
商品紹介

おいしく食べられる山菜・野草、薬草、併せて109種の、下ごしらえ方法、持ち味を生かす料理の仕方や保存方法などを詳しく紹介。

著者紹介

高野 昭人 (タカノ アキヒト)  
新潟県小千谷市生まれ。富山医科薬科大学大学院修了(薬学博士)。1994年より東京都町田市にある昭和薬科大学薬用植物園に勤務し、現在に至る。日本薬学会、日本生薬学会、種生物学会等会員。ヒマラヤ地域やブラジルなどで薬用植物の調査を実施(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)