• 本

サルファ剤、忘れられた奇跡 世界を変えたナチスの薬と医師ゲルハルト・ドーマクの物語

出版社名 中央公論新社
出版年月 2013年3月
ISBNコード 978-4-12-004479-3
4-12-004479-3
税込価格 2,860円
頁数・縦 364P 20cm

商品内容

要旨

それは細菌感染に無力だった人類が初めて手にした“効く”薬。顕微鏡下の地道な探究が、戦場の様相を、医師の役割を、医薬品開発の仕組みを根底から変えた―「最も偉大な医学の勝利」をめぐる知られざる歴史のドラマ。

目次

第1部 探求(戦場の現実
ご老体と第一次大戦
虚無と使命と
就職と結婚
世界最大の化学工場
産業界とアカデミア
バイエル大帝国のチームワーク
最も恐るべき、ありふれた細菌
産科病棟の疫病
細菌を殺す真紅の色素)
第2部 医学を変える奇跡(パナケイア目覚める
抑えられぬ興奮
赤い車の白いエンジン
フランスチームのダンス
ホワイトハウスの実験
サルファ・ゴールドラッシュ)
第3部 光と影(危険なレシピ
新しいFDA
サルファ剤ゲーム
検閲と連行
第二次大戦
それぞれの終戦
ストックホルムへ)

出版社
商品紹介

世界初の抗菌薬として彗星の如く現れ短期間で忘れ去られたサルファ剤。医薬開発の豊富な逸話から近代社会の発展を浮彫りにする。

著者紹介

ヘイガー,トーマス (ヘイガー,トーマス)   Hager,Thomas
1953年ポートランド生まれ。医微生物学と免疫学、ジャーナリズムで修士号を取得。国立がん研究所、出版社勤務等を経て、サイエンス、メディカルライターとして「リーダーズダイジェスト」から「メディカル・トリビューン」まで、幅広いメディアに執筆している。オレゴン州ユージン在住
小林 力 (コバヤシ ツトム)  
医薬史研究家。1956年長野県生まれ。東京大学薬学部卒、同大学院修了。薬学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)