• 本

本当は怖い動物の子育て

新潮新書 512

出版社名 新潮社
出版年月 2013年3月
ISBNコード 978-4-10-610512-8
4-10-610512-8
税込価格 770円
頁数・縦 207P 18cm

商品内容

要旨

まさか!?なんてこと!!パンダの母親は「できの良い子」をえこひいきして「ダメな子」を見殺しに。タスマニアデビルは生まれたての赤ちゃんにサバイバルレースを課し、リスはご近所の子を取って食う…子殺し、DV、虐待は日常茶飯事。極悪非道に映るメスたちの狙いとは?オスはその時どう動く?「ヒト」は彼らと別物か?テレビ番組や動物園が伝える美談からは決して見えてこない、動物たちの恐ろしく、たくましい真実の姿。

目次

第1章 パンダの育児放棄
第2章 クマの産児調整
第3章 ハヌマンラングールの子殺し
第4章 ラッコの暴力行為
第5章 タツノオトシゴの自己改造
第6章 タスマニアデビルのキョウダイ殺し
第7章 オオジュリンの浮気対抗術
第8章 先住民たちの虐待
第9章 赤ちゃんか、“精霊”か
第10章 母親たちは進化したか
第11章 壮絶事件の根と芽

著者紹介

竹内 久美子 (タケウチ クミコ)  
1956(昭和31)年愛知県生まれ。動物行動学研究家。京都大学理学部、同大学院博士課程を経て著述業に。著書に『そんなバカな!』(講談社出版文化賞科学出版賞受賞)等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)