• 本

オープンサイエンス革命

出版社名 紀伊國屋書店
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-314-01104-4
4-314-01104-1
税込価格 2,420円
頁数・縦 398P 20cm

商品内容

要旨

豊富な具体例を挙げながら、現状の科学の問題点や、オンライン上で協力して科学の問題を解決する「オープンサイエンス」実現への課題を解説し、その将来を展望する。

目次

発見を再び発明する
第1部 集合知の有効活用(オンラインツールは私たちを賢くする
専門家の注意を効率良く誘導する
オンラインコラボレーションの成功条件
集合知の可能性と限界)
第2部 ネットワーク化された科学(世界中の知を掘り起こす
科学の民主化
オープンサイエンスの課題
オープンサイエンスの必要性)

著者紹介

ニールセン,マイケル (ニールセン,マイケル)   Nielsen,Michael
1974年生まれ。過去に米国の軍事・機密研究の中核となるロスアラモス国立研究所に在籍した理論物理学者。量子コンピュータ研究で実績を上げ、量子テレポーテーションの実験を最初に行なった研究者の一人であり、プログラマーでもある。現在の研究テーマは「オープンサイエンス」「オンラインコラボレーション」
高橋 洋 (タカハシ ヒロシ)  
1960年生まれ。同志社大学文学部卒。IT企業勤務を経て翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)