• 本

刑事たちの挽歌 警視庁捜査一課「ルーシー事件」

文春文庫 た89−1

出版社名 文藝春秋
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-16-783851-5
4-16-783851-6
税込価格 827円
頁数・縦 390P 16cm
シリーズ名 刑事たちの挽歌

商品内容

要旨

警視庁麻布署に届けられた一件の家出人捜索願。捜索対象は後に世界を震撼させる猟奇事件の被害者ルーシー・ブラックマンだった。基礎捜査から事件の匂いを嗅ぎ取った捜査一課の精鋭たちは、攻めの捜査に打って出る―。登場する捜査官は、幹部に至るまですべて実名。真相に迫る刑事たちの執念を圧倒的なリアリティで描く。

目次

序章 一審判決
第1章 家出人捜索願
第2章 本格捜査
第3章 逮捕
第4章 物証
第5章 クロロホルム
第6章 遺体発見、二審判決
最終章 刑事たちのその後

出版社・メーカーコメント

世間を震撼させたルーシー・ブラックマン殺害事件で、捜査一課の精鋭たちが犯人を追った3089日のすべてを明かします。登場する刑事は全員実名です。発端は麻布署に出された家出人捜索願。事件の匂いを嗅ぎとった所轄は、警視庁に相談。捜査一課の特殊犯捜査係の精鋭が捜査に乗り出します。その結果、犯人の織原城二を追い詰め、被害女性が200人以上に及ぶことが判明したのです。ちなみに表紙で「捜一管理官」の腕章をしているのは、著者の高尾昌司さんです。(MT)

著者紹介

高尾 昌司 (タカオ ショウジ)  
1946年東京都生まれ。米海軍第7艦隊司令部従軍記者章取得後、台湾、タイに駐在。アジア各国の紛争取材を経て帰国。湾岸戦争でもイラクに1カ月余り滞在。『週刊ポスト』や『週刊現代』などの週刊誌を中心に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)