• 本

大学生・社会人のための言語技術トレーニング

出版社名 大修館書店
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-469-21343-0
4-469-21343-8
税込価格 2,420円
頁数・縦 252P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

グローバル社会で求められるのは世界基準の“ことば力”。対話:面接などにも役立つ、論理的な受け答えの方法。物語・要約:物語の構造を理解することで、要約や速読の力。説明:分かりやすく情報を伝達することができ、話に説得力が出る。報告:レポートや報告書などで、事実や進捗状況を的確に伝える力。記録:話し合いの経過や結果をまとめ報告する議事録が的確に書ける。クリティカル・リーディング:文章を論理的に分析し、解釈できる読解力。作文技術:論理的に構成されたパラグラフで、分かりやすい文章を書く力がつく。

目次

1 グローバル社会に生きるために不可欠な「言語技術」(大学生・社会人に必要な言語能力
世界基準の言語教育「言語技術」 ほか)
2 スキル・トレーニング(対話
物語
要約 ほか)
3 クリティカル・リーディング(絵の分析
テクストの分析と解釈・批判―クリティカル・リーディング)
4 作文技術(基本技術
パラグラフ
小論文)
5 理系のための言語技術(理系にこそ言語技術は必要
理系に必要な言語能力と教育の現状 ほか)

出版社
商品紹介

大学生の発表・レポートや、若手会社員の面接・プレゼンに。日本語の表現力・発進力を鍛え、「言語技術」を身につけるテキスト。

著者紹介

三森 ゆりか (サンモリ ユリカ)  
つくば言語技術教育研究所所長。東京都生まれ。上智大学外国語学部ドイツ語学科卒業。株式会社丸紅勤務後、上智大学文学部博士前期課程中退。1984〜1988年に外交官の子弟を対象とするドイツ式作文教室、1990年に「つくば言語技術教室」(現「つくば言語技術教育研究所」)を開設する。現在は同研究所の他、日本サッカー協会、日本オリンピック委員会、学校、大学、企業などでも講師を務める。平成17年度文科省読解力向上に関する検討委員会委員、平成18/19年度言語力育成協力者会議委員、平成22年度文科省コミュニケーション教育推進会議教育WG委員。平成21年より(財)ソニー教育財団評議委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)