• 本

起立性調節障害がよくわかる本 朝起きられない子どもの病気 イラスト版

健康ライブラリー

出版社名 講談社
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-06-259773-9
4-06-259773-X
税込価格 1,320円
頁数・縦 98P 21cm

商品内容

要旨

朝起きられずに遅刻や欠席を繰り返す…全国で約70万人の中高生が発症している、知られざる病気の対処法を徹底図解。症状の見極め方から治療法までがわかる決定版。

目次

1 一見怠け者?しかしその実態は…(ケーススタディ1―朝起きられないのに夜硬かしするAさん
健康な子との違い1―血圧が下がったり頭痛やめまいが起こる ほか)
2 医療機関で正体を見極める(ケーススタディ2―複数の医療機関で診断が異なるBさん
どこを受診する?―わからなければ小児科専門医へ ほか)
3 家庭で子どもを見守る(ケーススタディ3―親に叱られて悪化してしまったCさん
親のとらえ方―不安や心配は抑えて、平常心で接する ほか)
4 学校を過ごしやすい環境にする(ケーススタディ4―無理に授業に出席して不登校になったDさん
教師のとらえ方―本人は行きたくても行けないことを理解する ほか)
5 自立して生活するために(ケーススタディ5―大学生で再発したが、就職や結婚も乗り越えたEさん
大学生になったら―体調を自己管理し、夜更かししない ほか)

出版社
商品紹介

子どもが朝起きられない。その症状、起立性調節障害かもしれない。大事にいたる前に求められる適切な治療法と生活法を徹底解説。

著者紹介

田中 英高 (タナカ ヒデタカ)  
大阪医科大学小児科学教室准教授、大阪医科大学付属病院発達小児科科長、日本小児心身医学会理事長。1980年大阪医科大学卒業。1986年同大学院修了、医学博士、同小児科助手。1992年スウェーデン、リンショッピン大学客員研究員。1994年スウェーデン資格医学博士取得、大阪医科大学小児科講師。1997年大阪医科大学小児科准教授。2008年日本小児心身医学会理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)