• 本

危機の国際政治史 1873〜2012

出版社名 亜紀書房
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-7505-1301-0
4-7505-1301-6
税込価格 3,289円
頁数・縦 512P 21cm

商品内容

要旨

帝国主義の時代への契機となった「1873年の大不況」から2010年代の世界情勢まで、国際政治史上における重大事件の経緯と、それにいたる諸国の動向、指導者たちの決断を解き明かす。

目次

帝国主義の時代と第一次世界大戦1873〜1917
第一次世界大戦の終結とヴェルサイユ体制の成立1917〜1920
恐慌前の一時的な安定期1921〜1930
世界恐慌と台頭するファシズム1929〜1939
第二次世界大戦1939〜1945
戦後秩序の構築1945〜1947
冷戦時代の幕開け1947〜1953
変容する冷戦1953〜1962
キューバ危機と核戦争の恐怖1957〜1963
ベトナム戦争と「多極化」への道1963〜1970〔ほか〕

出版社
商品紹介

世界政治史上における重大事件の経緯と、それにいたる諸国の動向、指導者たちの決断を完全網羅。

著者紹介

柳沢 英二郎 (ヤナギサワ エイジロウ)  
愛知大学名誉教授。1926年に生まれる。2012年12月逝去。名古屋大学法学部卒業(法学博士)
加藤 正男 (カトウ マサオ)  
河合文化教育研究所研究員。愛知大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修士)
細井 保 (ホソイ タモツ)  
河合文化教育研究所研究員。愛知大学大学院法学研究科修士課程修了(法学修士)
堀井 伸晃 (ホリイ ノブアキ)  
河合文化教育研究所研究員。愛知大学法経学部卒業
吉留 公太 (ヨシトメ コウタ)  
神奈川大学准教授。リーズ大学大学院政治国際学研究科修了(PhD)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)