• 本

わたしの十八番レシピ帖〈定番もの〉 京都・大原さんちの台所塾

出版社名 文藝春秋
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-16-376320-0
4-16-376320-1
税込価格 1,404円
頁数・縦 112P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

少ない材料・少ない手順。なのに仕上がりは抜群。「あれ、作って!」とねだられる、みんなが大好きな絶品メニュー。

目次

1章 みんなが好きな王道定番(エビクリームコロッケ
ポテトサラダ ほか)
2章 体で覚える基本のたれ定番(豆腐ステーキ
牡蛎の甘辛焼き ほか)
3章 忙しい日のお助け定番(鯖とトマトのパン粉焼き
焼き厚揚げ ほか)
4章 一品主役の麺・ご飯もの定番(じゃこと万願寺とうがらしのチャーハン
サブジごはん ほか)
5章 大人もよろこぶおやつ定番(アメリカン・チョコチップクッキー
昔プリン ほか)

出版社
商品紹介

京都の自宅でくり返し作っている、家族に人気の十八番レシピを集めた。少ない材料で簡単なのに仕上がり絶品。おかわり必至。

著者紹介

大原 千鶴 (オオハラ チズル)  
奥京都、花背の料理旅館『美山荘』の次女として生まれる。小学生の頃から店のまかないを担当し、料理の五感を磨く。料理研究家として、テレビや雑誌、講演会など多方面に活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)