• 本

航空人列伝 初飛行からジェットまで

光人社NF文庫 すN−782

出版社名 潮書房光人社
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-7698-2782-5
4-7698-2782-2
税込価格 796円
頁数・縦 241P 16cm

商品内容

要旨

ライト兄弟とカーチスの相克、回転翼垂直上昇機に革命をもたらしたシコルスキー、ともに空中曲芸のパイロットから大西洋、太平洋横断飛行を果たしたリンドバーグやパングボーン―航空史におけるエポックメーキングな人たちの素顔と未知への挑戦を描く話題作。その努力と英知が秘められた先人たちの航跡を綴る。

目次

初飛行のタイトルは重かった―ライト兄弟(アメリカ)
飛行機が初めて海峡を越えた―ルイ・ブレリオ(フランス)
初期飛行記録をアイデアで独占―ファルマン兄弟(イギリス→フランス)
英国航空界の面目を保った男―アリオット・V.ロー(イギリス)
ヘリコプターと四発大型機の父―イゴール・シコルスキー(ロシア→アメリカ)
アメリカ“飛行機野郎”の意地―グレン・H.カーチス(アメリカ)
飛行船に一時代を与えた老伯爵―フェルジナンド・V.ツェッペリン(ドイツ)
数奇な運命を生かした航空奇人―アントニー・H.G.フォッカー(オランダ)
全金属と巨人化へ老教授の一徹―フーゴー・ユンカース(ドイツ)
“孤独のワシ”と大西洋横断飛行―チャールズ・A.リンドバーグ(アメリカ)
空の旅回りから太平洋横断飛行へ―クライド・E パングボーン(アメリカ)
ジェット・エンジンにかける執念―フランク・ホイットル(イギリス)

著者紹介

鈴木 五郎 (スズキ ゴロウ)  
1924年7月13日、京都府中舞鶴生まれ。1943年6月、大日本飛行協会横浜飛行訓練所(学生航空連盟)で水上機の操縦訓練を受ける。1944年8月、三重海軍航空隊2期飛行予備生徒隊入隊。1948年9月、東京大学文学部卒業。その後小学館児童編集部を経て読売新聞社出版局に勤務。1979年、定年退職。現在、航空史研究家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)