• 本

鬱金の暁闇 16

コバルト文庫 ま2−102 破妖の剣 6

出版社名 集英社
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-08-601720-6
4-08-601720-2
税込価格 551円
頁数・縦 198P 15cm
シリーズ名 鬱金の暁闇

商品内容

要旨

ラスと乱華の母・チェリクが、緋陵姫のため、その身をなげうった―。壮絶なまでの母の愛を、それでも乱華は拒み続けて…!闇主が跪き、遂に「五要の闇」すべてを従えたラスは、世界の終わりのカウントダウンを前に「雛の君」とどう向き合うのか?また、ラスの仲間たちは…!?そしてラスの父・王蜜の君も、ある結末を心に決めていたのだが!?大ヒットシリーズ、前代未聞の展開へ…。

出版社・メーカーコメント

緋陵姫のため、身を投げ打ったラスと乱華の母・チェリク──。しかし、壮絶なまでの母の愛を拒み続ける乱華。闇主が跪き、ついに「五要の闇」すべてを従えたラスは、世界を守るため「雛の君」とどう闘うのか?

著者紹介

前田 珠子 (マエダ タマコ)  
1965年10月15日、佐賀県生まれ。『眠り姫の目覚める朝』で1987年第9回コバルト・ノベル大賞佳作入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)