• 本

決断できる人は2択で考える

星海社新書 31

出版社名 星海社
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-06-138534-4
4-06-138534-8
税込価格 902円
頁数・縦 249P 18cm

商品内容

要旨

「2択で考える」と聞くと、いわゆる「究極の選択」のように思われるかもしれません。かけ離れた対極のモノをどちらか選ぶ、というデジタルな考え方なのではないか、と。しかし実は正反体で、とてもアナログ的な思考なのです。「2択で考える」というのは「俯瞰してみて、まずは2つの方向にわけてみる」「長いヒモから境目となる場所を選ぶ」そんなイメージです。2択で考えられるようになると頭はクリアになり、好きな物を本能的に求めるようになり、なによりストレスがなくなります。ライフハックのように即効性はないかもしれませんが、整理整頓して考えることで思考の公式として定着する「頭の漢方薬」なのです。

目次

1章 この世の中は2択であふれている(私たちは日々、数百〜数千の決断を繰り返している
「生死」「男女」は人の根源にある2択 ほか)
2章 「肌身の感覚」を研ぎ澄ませるには?(自分の好みを知っているから下せる一瞬の決断
好みは、なるべく狭い範囲で考える ほか)
3章 成功者に達人…センスのある人はみな「2択上手」(デキる人ほど決めるのが早い
タモリ、さんま…会話の達人はみな2択が得意 ほか)
4章 実践!「2択力」を劇的に高める具体的な方法(立ち食いそばでわかる、決断が早くなるプロセス
「好きの理由」を考える。迷うことを楽しむ ほか)
5章 「2択」で、あなたの人生が変わる(迷わない=悩みがない、後悔がない
「グルグル思考」から抜け出すためには? ほか)

著者紹介

石黒 謙吾 (イシグロ ケンゴ)  
著述家・編集者・分類王。1961年金沢市生まれ。著書は、映画化されたベセストセラー『盲導犬クイールの一生』など多数。雑誌記者、編集者を経て93年に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)