• 本

あなたにありがとう。 暮らしのなかの工夫と発見ノート

PHP文庫 ま47−3

出版社名 PHP研究所
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-569-67983-9
4-569-67983-8
税込価格 679円
頁数・縦 220P 15cm

商品内容

要旨

『暮しの手帖』編集長の“人との心地よいつきあい方”。

目次

第1章 人とつながるということ―はじまりは、いつも自分から(愛情を伝える
待たない ほか)
第2章 与え続けていくということ―ちょうどいい距離をみつける(翌日の「ありがとう」
気負わず贈る ほか)
第3章 うまくいかないとき―大切なのは引き返す勇気(ひきずらない
つられない ほか)
第4章 深めるということ―ゆっくり時間をかけて見守る(一年先を考える
愛情のルール ほか)

出版社・メーカーコメント

近づきすぎてもうまくいかないし、遠すぎてもうまくいかない。ほんのちょっとのことでゆらいでしまう――。対人関係は、そのように一筋縄でいかないもの。人とのほんとうのおつきあいは、自分の眼で相手を選び、相手の眼で自分を選んでもらうことから始まります。本書では、『暮しの手帖』編集長、書店経営、文筆業と、忙しい日々のなかで活躍を続ける著者が、自身の経験から見つけた人間関係を大切にはぐくむヒントをまとめました。「愛情を伝える」「待たせない」「断られ上手になる」「いない人の話をしない」など、人とかかわりあいながら心地よく暮らすためにできることを紹介。文庫版特典として、シンプルな中に物語が見える独自のスタイリングで人気のスタイリスト・轟木節子氏の解説を収録。「ありがとう」の言葉が、心にあふれてくる一冊。

著者紹介

松浦 弥太郎 (マツウラ ヤタロウ)  
1965年、東京生まれ。『暮しの手帖』編集長、「COW BOOKS」代表。高校中退後、渡米。アメリカの書店文化に惹かれ、帰国後、オールドマガジン専門店「m&co.booksellers」を赤坂に開業。2000年、トラックによる移動書店をスタートさせ、2002年「COW BOOKS」を開業。書店を営むかたわら、執筆および編集活動も行う。2006年より『暮しの手帖』編集長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)