• 本

天空の城ラピュタ

文春ジブリ文庫 G−1−2 ジブリの教科書 2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2013年5月
ISBNコード 978-4-16-812001-5
4-16-812001-5
税込価格 723円
頁数・縦 303P 16cm

商品内容

要旨

児童文学の系譜からみたラピュタの魅力とは?ドーラのようなイギリスの海賊はいたのか!?1986年公開の宮崎駿監督作品『天空の城ラピュタ』の奥行きを、森絵都、金原瑞人、夢枕獏、石田衣良、上橋菜穂子ら豪華執筆陣が読み解く。当時の制作現場の裏側からスタジオジブリ設立秘話まで、作品を十倍楽しく観るための決定本。

目次

1 映画『天空の城ラピュタ』誕生(スタジオ設立と『天空の城ラピュタ』
借金を背負って発足した「スタジオジブリ」(鈴木敏夫)
時代を超えていく通俗文化を作りたい(宮崎駿) ほか)
2 大冒険活劇!ラピュタの現場(「個人的には『ナウシカ』からの連続性があるんです」(宮崎駿)
「こんなに密度の濃い音楽打ちあわせは初めてです」(久石譲)
「日常の芝居をちゃんと描けばアクションも生きてくる」(丹内司) ほか)
3 作品の背景を読み解く(もっとも幸福なアニメーション(石田衣良)
空から降ってきた少女の神話(荒俣宏)
生き続けるために生まれなおす(湯本香樹実) ほか)

出版社・メーカーコメント

児童文学の系譜からみたラピュタの魅力とは? ドーラのようなイギリスの海賊はいたのか!? 1986年公開の宮崎駿監督作品『天空の城ラピュタ』の奥行きを、森絵都、金原瑞人、夢枕獏、石田衣良、上橋菜穂子ら豪華執筆陣が読み解く。当時の制作現場の裏側からスタジオジブリ設立秘話まで、作品を10倍楽しく観るための決定本!